新着情報

更新日時:2019年12月24日

 

2019年12月21日(土)

 人類働態学第44回西日本地方会にて鈴木諒くんが若手優秀発表賞を受賞しました!

 

2019年12月21日(土)

人類働態学第43回西日本地方会にて研究発表と座長(セッションT)をしました(鈴木,高橋)
 セッションU:
  「応答曲面法を用いたチームのフォーメーション重心推定の試み」鈴木諒・橋雄三)

 

2019年11月10日(日)

第48回人類働態学東日本地方会にて座長と研究発表をしました(高橋)
 セッション1:
  「独立成分分析を用いた重心動揺に含まれる視覚性立ち直り反射成分抽出の試み」(橋雄三)

 

2019年10月19日(日)

産業保健人間工学会第24回大会にて研究発表をしました(鈴木,高橋)
 一般発表3

  「チーム行動の幾何学的特徴を用いた協調行動ダイナミクスの定量的検討」
鈴木諒・橋雄三)

 

2019年10月18日(金)

産業保健人間工学会主催工場実習(於:サッポロビール千葉工場に参加しました(鈴木,高橋)

 

2019年09月20日(金)

日本経営工学会 中国四国支部主催工場実習(於:株式会社ディスコ桑畑工場に参加しました
鈴木籾岡,高橋)

 

2019年09月14日(土)

新学術領域シンポジウム「認知的インタラクションデザイン学の創成」に参加しました(高橋)

 

2019年06月29日(土)

第54回人類働態学会全国大会にて座長と研究発表をしました(高橋)
 セッション2:
  「知覚される仮現運動の運動方向が線分の長さの知覚精度に及ぼす影響」
(橋雄三)

 

2019年06月16日(日)

日本人間工学会第60回全国大会にて研究発表をしました(高橋,原)
  研究発表:組織
 「チーム行動における協調行動ダイナミクスの定量的評価手法の検討」
  (橋雄三・原浩樹

 

2019年03月08日(金)

第27回日本人間工学会システム大会にて研究発表をしました(北村,高橋)
  研究発表:感覚・認知・インタフェースデザイン
 「交通参加者の不安全行動を考慮した交差点サウンドスケープの基礎的検討」
  (北村颯馬・橋雄三)

 

2019年03月05日(火)

 2018年度 人類働態学会
  「大学生を対象とした安全および健康に関わる初期教育プログラム(健康)」(北村,高橋)
に参加しました
(於:イトーキ東京イノベーションセンターSYNQA

 

2019年02月25日(金)

 平成30年度 システム工学科 卒業研究発表会で発表しました(北村,原)
   「交差点サウンドスケープに含まれる予見情報の特徴解析」(北村颯馬)
   「戦略共有に基づく協調行動ダイナミクスの定量化手法の検討」(原浩樹)

 

2018年12月22日(土)

 人類働態学第43回西日本地方会にて原浩樹くんが若手優秀発表賞を受賞しました!

 

2018年12月22日(土)

 人類働態学第43回西日本地方会にて研究発表をしました(北村,原,高橋)
  セッション2:
  発表:「バイノーラル録音された交差点サウドスケープにおける予見情報の周波数特性」
  (北村颯馬,橋雄三)
  セッション3:
  発表:「チームスポーツにおける選手相互の協調行動ダイナミクスの定量的検討」
  (原浩樹,橋雄三)
   

2018年11月20日(火)

”人にやさしいものつくり入門”(ひろしま感性イノベーション推進協議会主催)
 
に参加しました(北村,原,高橋)

 

2018年11月04日(日)

 第47回人類働態学東日本地方会にて北村颯馬くんが優秀発表賞を受賞しました!

 

2018年11月04日(日)

 第47回人類働態学東日本地方会にて研究発表をしました(北村,原,高橋)
 セッション2:
  発表:「チームスポーツにおける協調的フォロワーシップ行動モデルの検討」(原浩樹,橋雄三)
 セッション3:
  発表:「交通コンフリクト状態を未然に防ぐ予見音の特徴解析」(北村颯馬,橋雄三)

 

2018年10月13日(土)
  -09月14日(日)

 産業保健人間工学会第23回大会にて司会と研究発表をしました(高橋)
  司会:教育講演:関西大学教授 小谷賢太郎先生「視線計測技術とその応用」
  発表:「立位姿勢維持精度に影響を及ぼす視運動性体反射成分同定の試み」(橋雄三)

 

2018年09月10日(月)
  -09月11日(火)

 2018年度 人類働態学会
  「大学生を対象とした安全および健康に関わる初期教育プログラム(安全)」(北村)
に参加しました(於:日立建機株式会社土浦工場.併せて,プレゼンテーションにて
「日立建機株式会社 特別賞」を受賞しました(第5班:北村颯馬 所属)

 

2018年07月28日(火)

20th Congress of International Ergonomics Association(IEA 2018)にて論文発表をしました(高橋)
   Session:Psychophysiology in Ergonomics
   Title: “Development of intention inference algorithm based on EMG signals at judging directional of arrow cues
 (Yuzo Takahashi)

 

2018年07月30日(月)
  -08月01日(水)

2018年度「高校生による情報科学自由研究」を実施しました(高橋,北村)
   「福祉,医療にAIが与えるメリットとは何か?」 (尾道高等学校生徒4名)

 

2018年06月23日(土)

第53回人類働態学会全国大会にて研究発表をしました(高橋)
 セッション3:
  「チームスポーツにおける協調的フォロワーシップ行動の定量的評価の試み」
(橋雄三・小川紗知

 

2018年06月02日(土)

日本人間工学会第59回大会にて研究発表をしました(高橋)
  研究発表:交通
 「危険回避行動を促すバイノーラル予見音解析手法の検討」
  (安達勇樹・橋雄三)

 

2018年03月23日(金)

 祝 平成29年度 広島市立大学情報科学部 最優秀卒業論文賞 受賞!
   「眼と手の協応特性からみた操作方法の習得特性に関する研究」(早田桃子

 

2018年02月16日(金)

平成29年度 システム工学科 卒業研究発表会で発表しました(安達,小川,早田)
   「サウンドスケープ・マップ構築のためのバイノーラル予見音採取技術の検討」(安達勇樹)
   「チーム行動における協調的フォロワーシップ行動の定量化手法の検討」(小川紗知)
   「眼と手の協応特性からみた操作方法の習得特性に関する研究」(早田桃子)

 

2017年12月26日(火)

 人類働態学会西日本地方会第42回大会にて
  早田桃子さんが若手優秀発表賞を受賞しました!

.....................................

.............................................................................................................................................................

2017年12月26日(火)

人類働態学会西日本地方会第42回大会にて研究発表を行いました(早田,高橋)
  「眼と手の協応特性からみた操作方法の習得特性」
 (早田桃子,橋雄三)

 

2017年11月30日(木)

”感性に訴える”ものづくり ニーズ・シーズマッチング会に参加しました(高橋雄三)

 

2017年11月12日(日)

人類働態学会「くらしの中の共生」第14回シンポジウムにて司会をしました(高橋)
 第2部 :「人工知能社会における人類働態」

 

2017年11月11日(土) 

第46回人類働態学会東日本地方会にて研究発表・座長を行いました(高橋)
セッション1:組織のパフォーマンス向上
   「状況のモニタリング精度と発揮されるリーダーシップ・タイプとの間の関係」
   (原田紗希,橋雄三,山口光明)
座長:教育一般(高橋)

 

2017年11月03日(金)

 日本経営工学会 2017年 秋季大会にて研究発表をしました(早田,高橋)
  人間工学(午前)
  「操作の学習方法の違いが課題遂行中の眼と手の協応特性に及ぼす影響」
  早田桃子,橋雄三)

 

2017年09月21日(木)

 平成29年度第2回医療福祉機器技術研究交流会に参加しました
 (安達勇樹,小川紗知,早田桃子,高橋雄三)

 

2017年09月15日(金)

日本経営工学会中国四国支部工場見学会(於:株式会社キーレックス)に参加しました
 (安達勇樹,小川紗知,早田桃子,高橋雄三)

 

2017年08月21日(月)

人類働態学会2017夏季研究会(於:新日鐵住金鹿島製鉄所に参加しました
 (安達勇樹,小川紗知,早田桃子,高橋雄三)

 

2017年08月02日(水)

 平成29年度第1回医療福祉機器技術研究交流会に参加しました
 (安達勇樹,小川紗知,早田桃子,高橋雄三)

 

2017年06月18日(日)

第52回人類働態学会全国大会にて研究発表をしました(高橋)
 セッション5:認知・ユーザビリティ
  「視線の動きとマウスポインタの動きの間の協応関係解析アルゴリズムの検討」(橋雄三)

 

2017年06月03日(土)

日本人間工学会第58回大会にて研究発表をしました(高橋)
  研究発表:コミュニケーション
 「課題に対する回答の確信度が随意筋収縮前後の表面筋電位変化に及ぼす影響」
  (橋雄三)

 

2017年02月16日(木)

平成28年度 システム工学科 卒業研究発表会で発表しました(門田,服部)
   「操作手順の学習方法がマウス操作時の眼と手の協応動作に及ぼす影響」(門田梨恵)
   「共有画面上での協調作業時に発現するリーダーシップ行動の表出と認知」(服部知輝)

 

2016年12月18日(日)

人類働態学会西日本地方会第41回大会にて研究発表をしました(服部,高橋)
セッション2:
  「共有画面を通じて協調操作を促進するリーダーシップ行動の表出と認知」
 
服部知輝,橋雄三)

 

2016年12月18日(日)

 第45回人類働態学会東日本地方会にて座長と研究発表をしました(門田,高橋)
座長:セッション4(橋雄三)
発表:セッション2:
  「行為のモニタリング精度が眼と手の協応動作に及ぼす影響」門田梨恵,橋雄三)
人類働態学会 会報105号,pp.17-18)

 

2016年12月17日(土)

 人類働態学会「くらしの中の共生」第13回シンポジウムにて話題提供をしました(高橋)
 テーマ:人工知能社会における人類働態学の役割
 第2部 :「人の豊かな生活を目指す人工知能の働態」(橋雄三)

 

2016年12月04日(日)

 日本人間工学会関東支部第46回大会にて座長と審査員と研究発表をしました(服部,高橋)
座長・研究奨励賞審査員:卒業研究発表会10(橋雄三) 
発表:認知・行動・疲労

  「ネット上で行われる協調作業時に表出されるリーダーシップ行動の認知プロセス」
  服部知輝,橋雄三)

 

2016年10月29日(土)

 日本経営工学会 2016年 秋季大会にて研究発表をしました(門田,高橋)
  人間工学
  「操作手順の学習方法がモニタリング・エラーの発現機序に及ぼす影響」
  門田梨恵,中池育,橋雄三)

 

2016年10月05日(水)

 KANSEI “感性” サロン 〜オリンピアンの感性とスポーツ科学〜”に参加しました
 (門田梨恵,服部知輝,高橋雄三)

 

2016年7月26日(水)

 大学HPに【学生広報サポーターによる「わかりやすい」研究紹介】が掲載されました(高橋)

 

2016年6月25日(土)

 日本人間工学会第57回大会に参加しました(門田,服部),
                                                       座長と研究発表をしました(高橋)
  座長:疲労(橋雄三)
  研究発表:ヒューマンインタフェース (2)
 「システムからの操作要求に対応する2者間で発現する協調行動の定量的評価」
  (橋雄三,錦織さなえ

 

2016年6月11日(日)

 第51回人類働態学会全国大会にて研究発表をしました(高橋)
 セッション3:
  「注視対象の運動特性に応じた身体各部の運動軸の時系列変化」(橋雄三)

 

2016年3月24日(木)

 平成27年度人類働態学会で発表した抄録が会報に掲載されました(大屋,高橋)

人類働態学会 会報102号(pp.31-32)
   「立位姿勢維持に影響を及ぼす身体各部の運動軸の時系列変化」(橋雄三
人類働態学会 会報103号(pp.7)
   「交通視環境に埋没した加速・減速行動を促す手がかりの存在に関する研究」(橋雄三)
人類働態学会 会報103号(pp.27-28)
   「言語的に記憶することが困難な図形の記憶−再認モデルの構築に関する研究」
 (大屋梨香,橋雄三)
人類働態学会 会報103号(pp.37-38)
   「優秀発表賞受賞者のことば」(大屋梨香)

 

2016年2月16日(火)

平成27年度 システム工学科 卒業研究発表会で発表しました(大屋,中池,錦織)
   「言語的に記憶することが困難な図形の瞬間認知−再認モデルの構築」(大屋梨香)
   「操作手順の呈示方法がモニタリング・エラーに及ぼす影響」(中池 育)
   「2者で行われる協調操作課題に対する協調行動評価手法の検討」(錦織さなえ)

 

2015年12月20日(日)

 第44回人類働態学会東日本地方会にて大屋梨香さんが優秀発表賞を受賞しました!

 

2015年12月20日(日)

 第44回人類働態学会東日本地方会にて研究発表をしました(大屋,高橋)
 第1セッション:
  「交通視環境に埋没した加速・減速行動を促す手がかりの存在に関する研究」(橋雄三)

 第4セッション:
  「 言語的に記憶することが困難な図形の記憶−再認モデルの構築に関する研究 」
 
大屋梨香,橋雄三)

 

2015年12月12日(土)

 日本人間工学会関東支部第45回大会にて研究発表をしました(錦織,高橋)
 行動・動作:
  「2者で行われる遠隔操作課題に対する協調行動の定量的評価」錦織さなえ,橋雄三)

 

2015年11月29日(日)

 日本経営工学会 2015年 秋季大会にて研究発表をしました(大屋,高橋)
  行動・思考
  「眼球運動から見た親和性の低い輪郭図形の瞬間認知特性」
  大屋梨香,橋雄三)

 

2015年10月25日(日)

 日本人間工学会九州沖縄支部第36回大会にて研究発表をしました(高橋)
 (電子情報通信学会福祉情報工学研究会(WIT)との共催) 
 PIE研究部会セッションU:
  「課題に対する回答の確信度が回答時の随意筋収縮に及ぼす影響」(橋雄三)

 

2015年10月22日(木)

 人間工学雑誌に学術集会参加報告会が掲載されました
  「PIE(Psychophysiology in Ergonomics)2015報告」(橋雄三,三宅晋司)
 人間工学, vol.51(5), pp.369-370. 

 

2015年09月10日(木)

  広島市立大学産学連携研究発表会2015〜医工連携と情報科学〜にて研究紹介をしました
   「ココロのバランスを評価する新たな手法の検討」  (高橋)

 

2015年08月10日(月)

  19th Triennial Congress of the International Ergonomics Association(IEA 2015)にて論文発表と
   co-chairをしました(高橋)
   Session:Psychophysiology in Ergonomics 1
   Title: “Adequate hip rotation reduces physical load on the trunk and improves quality of work
               during micro-parts assembly”(Yuzo Takahashi, Seijiro Ishihara)

 

2015年08月02日(日)

  広島市立大学情報科学部オープンキャンパス2015にて研究紹介を行いました
  「“生理心理工学”への誘い Welcome to the “engineering Psychophysiology” in Ergonomics
  (中池育・錦織さなえ・高橋雄三)

 

2015年07月27日(月)

   広島ものづくり技術交流会に参加しました
 (大屋梨香,錦織さなえ,高橋雄三)
 

2015年06月20日(土)

  第50回人類働態学会全国大会にて研究発表をしました(高橋)
  「立位姿勢維持に影響を及ぼす身体各部の運動軸の時系列変化
」(橋雄三)
 

2015年06月14日(日)

  日本人間工学会第56回大会にて研究発表をしました(高橋)
  動作U:
  「作業面高に起因する姿勢拘束が身体各部のひねり動作に及ぼす影響」
  (石原成治郎,橋雄三,三澤哲夫)
 

2015年02月18日(水)

  第2回ブランド化・普及啓発検討会(広島感性イノベーション推進協議会)に参加しました
 (石原成治郎)
 

2015年02月06日(金)

  平成26年度 システム工学科 卒業研究発表会で発表しました(石原,金本,日浦)
   「3次元動作解析を用いた身体各部のひねり動作の特性解析」(石原成治郎)
   「動作スキル獲得システム構築のための基礎的検討」(金本幸生)
   「生活道路での交通コンフリクトの予測と交通行動との間の関係」(日浦優喜)
 

.....................................

過去の新着情報はこちら

Special Thanks! for Designing this site
平成18年度卒業生  渡邊    祐也さん
橋岡    宗生さん
平成19年度卒業生 小林    寛征さん  
平成15年度卒業生 加藤明日香さん